目元の悩み

目の下のふくらみはマッサージで改善は無理&逆効果!もっと簡単に治す方法はある?

更新日:

目の下のふくらみはマッサージで改善する事はできません。

それどころか逆効果になってしまう可能性もあるので、安易にマッサージをすることはおすすめできません。

本記事では、なぜ目の下のふくらみをマッサージで改善するのはムリなのか、そしてもっと簡単に治す方法を解説しています。

 

目の下のふくらみの原因は?

目の下のふくらみの原因の大多数は、たるみによるもの。
そしてこれは、老化現象によって引き起こされます。

よって、本記事では目の下のふくらみは「たるみ」という事を前提にお話しています。

もちろんたるみではなくそれ以外の原因の場合もあります。
むくみや骨格の変化など、目の下のふくらみにはは様々な原因があるので、脂肪の塊ではなく他の原因が知りたい方はコチラの記事を参照ください。

関連記事>>>目の下のふくらみはマッサージで改善は無理&逆効果!もっと簡単に治す方法はある?

 

目の下のふくらみをマッサージで改善できるとしたら「コレ」

冒頭では、目の下のふくらみをマッサージで改善する事はできないと説明しました。

ただし、たった1つだけの原因であれば目の下のふくらみを改善できるかもしれません。

それは「むくみによる目の下のふくらみ」です。

むくみの原因は老廃物の停滞によるもの。
そこでマッサージをして流してあげることによりむくみを解消できます。

ですから、目の下のふくらみが含みである場合のみマッサージで改善する事が可能です。

ただし安易なマッサージは、あまり良くありません。
順番に解説していますので、読み進めていってください。

ではなぜマッサージで目の下のふくらみは解消できないのでしょうか。

目の下のふくらみをマッサージで改善できない理由

1.皮膚のたるみだから

目の下のふくらみの原因としてまず挙げられるのが目の下の皮膚のたるみです。

よくよく考えてみると、皮膚がたるんでいるようにその部分にマッサージをしても意味がないということが分かります。

皮膚のたるみは年齢を重ねるごとに進みます。

年齢のたるみによる目元のふくらみは、マッサージで改善するのでは無く、皮膚にハリを取り戻す方法を実践していかなければなりません。

2.脂肪のかたまりだから

目の下のふくらみは脂肪が塊を作っている場合があります。
もちろんその場合もマッサージで改善することはできません。

マッサージで脂肪をなくすことはできませんからね。

なぜ目の下に脂肪の塊ができるのかというと、それは目の周辺の筋肉の衰えからくるものです。

今までは目の周辺の筋肉が脂肪を支えていました。
ところが加齢により筋肉が衰えると脂肪を支えきれなくなります。

その結果、目の下に脂肪が垂れ下がってしまい膨らんでいるようになってしまうのです。

涙袋よりもさらに下に脂肪の塊によるふくらみができる場合それを目袋と言います。

 

目の下のふくらみにマッサージは逆効果!

ダメージを受けやすい

目の下の皮膚のたるみや脂肪の塊によるふくらみにマッサージをしてしまうとそれは逆効果になってしまう可能性があります。

ハッキリ言ってそれらは無駄な努力。

なぜマッサージが逆効果になってしまうのかというと、それはマッサージによる摩擦が原因です。

目元の皮膚は非常に薄くデリケートにできています。
ですから、安易にマッサージを行ってしまうと、少しの刺激でも大きなダメージを負ってしまうのです。

目の下にダメージが加わってしまうとどうなるのでしょうか。

 

余計にたるむ原因に

安易なマッサージは目の下の皮膚をさらに劣化させてしまう原因になります。
皮膚が劣化する事でさらにたるみを生むことになり、ふくらみが大きくなってしまうのです。

もちろんフェイシャルエステのようにオイルを塗って摩擦を軽減するなど準備万端でマッサージを行うなら問題ありません。

ですが、目元は手軽にマッサージを行える部分。

そのような準備をせずにマッサージをしてしまう方が非常に多いです。

安易なマッサージは、気を付けましょう。
ただし、目の下のむくみにだけマッサージの効果はあります。

 

目の下のふくらみは簡単に治る

安易なマッサージは皮膚を余計に劣化させ、さらなるたるみの原因になると説明しました。

一見、八方ふさがりな気もしますが、実は目の下のふくらみは簡単に治すことができます。

それは目の下にハリを取り戻すだけ。

たとえば皮膚そのものが劣化して垂れ下がっている場合は、再びハリ成分を与えてあげることで、弾力がよみがえり目の下の皮膚をリフトアップする事ができます。

また、目の周辺の筋肉が衰え脂肪が垂れ下がっている場合は、エクササイズをして筋肉を取り戻すことで再び脂肪を持ち上げることができます。
ただしエクササイズの場合は目の周辺の筋肉を取り戻すまでに長期間かかってしまいます。

そこでおすすめなのが、やはり皮膚にハリを取り戻す方法です。

たとえ目の周辺に再び筋肉を付けなくても、皮膚にハリを取り戻すことで、垂れ下がった脂肪を強制的に上に押し上げることができます。

つまり、2つの目の下のふくらみの原因ある「皮膚のたるみ」「脂肪の垂れ下がり」は両方とも目の下のハリを取り戻すだけで簡単に改善する事ができるんです。

では、目の下のハリを取り戻す方法は具体的にどうすればよいのでしょうか。

 

目元パックがおすすめ

目の下のハリを取り戻す方法は非常に簡単です。

それは目元パックを使ってヒアルロン酸も目元の皮膚に届けてあげることで簡単に改善する事ができます。

目元パックと言ってもヒアルロン酸の針がついている目元パックでしか大きな効果を実感する事ができません。

上記の画像のような、ヒアルロン酸の針の目元シートを使うことで弾力を失った皮膚に、内側からハリ成分を与えることができます。
そうする事で大きな効果を得ることができますし、即効性も高いです。
これは病院のヒアルロン酸注射をイメージしていただくと非常に分かりやすいかと思います。

ヒアルロン酸の針の目元シートの効果についてさらに詳しく知りたい方はコチラの記事を参照。

関連記事>>>目元パックの効果が一番高いのは針付き目元パック!その実力を画像でお見せしましょう

目元ケア商品は目元クリームなどがありますが、それでは効果を実感するまで少しだけ時間がかかってしまいます。
目元クリームも効果がないわけではないですが、外側部分に塗布するだけなので、ヒアルロン酸針の目元パックのように内側からアプローチする事ができないのです。

目元クリームは、速効性がないというデメリットがありますが、様々な成分を含んでいるので、乾燥や血行不良の改善など様々なメリットがあります。用途によって使い分けるのがベスト。

逆にヒアルロン酸針の目元パックの場合は、ハリ成分を直接内側に届けるということに特化しているのでハリを取り戻すことに関してはピカイチです。
逆に、弾力を取り戻す以外のケアは苦手だと言えるでしょう。

ですから、目元のふくらみやたるみに対してはヒアルロン酸針の目元パックを使用する事が一番。
そしてこの方法が一番簡単に治すことができるのです。

関連記事>>>「目の下の脂肪をなくす方法!気になる目の下の膨らみなんて自宅で簡単解消

 

目元パックならヒアロディープパッチ

  • 日本一売れている目元パック
  • 審査機関で効能が評価されている
  • 全額返金保証付き

「参照:目元パックシートおすすめランキング1位」のヒアロディープパッチというヒアルロン酸の針がついている目元パックは、日本一実感できる目元パックと言っても過言ではありません。
その証拠に、効能評価がされていて、なおかつ日本で一番売れているという実績があるからです。
それでいて全額返金保証がついています。

ですので、目の下のふくらみ対策をしたいのであればマッサージではなくヒアロディープパッチで改善していくことがおすすめ。

目の下のふくらみにはマッサージではなくヒアロディープパッチで改善していきましょう。

-目元の悩み

Copyright© 目元パックの効果が一番高いのは針付き目元パック!その実力を画像でお見せしましょう , 2019 All Rights Reserved.